1. TOP
  2. 沖縄旅行のヒント
  3. 絶対外さない!沖縄の定番お土産10選

絶対外さない!沖縄の定番お土産10選

 公開日時:2020/06/24 この記事は約 6 分で読めます。
シーサー

沖縄旅行に行ったら、お土産選びも旅の醍醐味ですね。

空港やお土産物店にはたくさんのお土産が並んでいるので、誰に何を買っていこうか悩んでしまうところです。そんなときに選ぶと良いのが、沖縄らしい定番のお土産。

おすすめのお土産をご紹介するので、家族やお友達、職場の人へ、旅行の思い出話と一緒にお裾分けしてみてはいかがでしょうか。

1.紅芋タルト

沖縄県読谷村の名産品である紅芋をタルトにした、沖縄を代表するお菓子のひとつです。

老舗の「お菓子御殿」の紅芋タルトが有名で、大型店舗では併設されている工場の見学ができますよ。焼きたての紅芋タルトを食べることができて、出来立ての美味しさは一度味わってみる価値ありです。

お菓子御殿

ほかのお菓子メーカーからも、紅芋タルトは販売されているので、食べ比べてみてみるのも楽しいですね。

2.ちんすこう

ちんすこう

小麦粉と砂糖、ラードから作られた素朴で優しい味わいの沖縄の銘菓です。シンプルなプレーンのほかに、紅芋やゴーヤ、黒糖など、さまざまな味のちんすこうが販売されています。

雪塩が入ったものや、チョコレートがかかったものなどは、女性や若い人にも人気。個包装になっていてリーズナブル、そして空港や土産物店で必ずといっていいほど目にするので、手軽にたくさん買えるお土産としておすすめですよ。

雪塩ちんすこう

ちんすこうショコラ

4.サーターアンダギー

サータアンダギー

ラード入りの油でじっくり揚げている、沖縄の伝統的な家庭のおやつ。外はカリッとサクサク、中はふわふわ。

空港やお土産屋で購入できるパッケージ化されたものは日持ちするものも多いので、お土産にも安心です。

おすすめは、牧志公設市場の二階にある「歩」のサーターアンダギー。雑誌やメディアにも頻繁に取り上げられる人気のお店で、早い時間に行かないと売り切れてしまうこともあります。

家で食べたい!と言う方にはサータアンダギーミックスもおすすめ。
自宅に簡単に作ることができるので、あつあつを食べることができますよ!

3.島とうがらしえびせんべい

沖縄名産の島唐辛子を練りこんだ、ピリッと辛いえびせんべいです。

濃い目のエビの風味とほどよい辛味があとひく美味しさなので、お酒のおつまみとしてもおすすめ。甘いものが苦手な人へのお土産にも喜ばれますよ。

日持ちするうえに軽くてたくさん入っているので、職場へのバラマキ土産としても人気です。

4.オリオンビアナッツ

オリオンビールの製造過程でできるビール酵母を使ったスナック菓子です。

ビアナッツと聞くとおつまみ感いっぱいのお菓子ですが、大人から子供まで、食べ始めたら止まらないやみつきになる美味しさに、リピーターも続出。タコス味やアーモンドチーズ味など、切り離しタイプになっていて、売店やスーパーなどで手軽に買うことができます。

ビールとの相性もばっちりなので、オリオンビールとセットでお酒好きな人へのお土産にいかがですか。

5.沖縄の塩

ミネラルを多く含んだ上質な塩が多く採れる沖縄では、海塩を使ったお土産が人気です。

国際通りや那覇空港など、全国8か所に店舗を構える「塩屋(まーすやー)」では、ソルトソムリエが塩選びをサポートしてくれます。

沖縄の産地別の塩や、世界中の塩から厳選した合わせ塩などはお料理のアクセントに重宝します。ほかにも、バスソルトやボディスクラブなどのボディケアグッズも充実しているので、女性へのお土産におすすめ。

雪塩

宮古島で作られている雪塩は、パウダー状のサラサラした塩が特徴。
卓上用もあるので、使いやすくお土産にもおすすめです。

粟国の塩

那覇からフェリーで2時間。映画ナビィの恋で有名になった粟国島。
沖縄らしい原風景を多く残し、毎年5、6月はダイビング客が多く訪れる知る人ぞ知る沖縄の小さな離島。

そんな小さな離島で3人の学者が20年以上かけて本来の塩とは何か。研究に研究を重ねてできたのが粟国の塩です。製塩に1ヶ月。天日干しの場合は、それ以上かかることも。

手間暇かけて作られた塩は、ミネラルも豊富に含み、国内だけでなく、海外に輸出もされています。

豊富なミネラルを含み、旨みも感じられる塩は味噌作りや梅干しにもおすすめです。

ぬちまーす

ぬちまーすは、独自の製塩方法で海のミネラル成分をそのまま結晶化した塩で、そのミネラル含有量から「奇跡の塩」と呼ばれています。

特にマグネシウムは通常の塩のなんと200倍!不足しがちなマグネシウムを塩で取ることができますよ。

6.かりゆしウェア

かりゆしウェアは、暑い夏を快適に過ごせる沖縄発のナショナルブランドシャツ。

普段着としてはもちろん、結婚式や官公庁でも愛用されている、どんなシーンもどの世代にも合うウェアです。

国際通りの「MAJUN(マジュン)」は、トレンドを取り入れたお洒落なデザインで人気のかりゆしウェア専門店です。特別な人への贈り物にも喜ばれます。



7.クチャパック

クチャとは、海底に堆積したミネラルを豊富に含む粘土です。

琉球王朝時代から女性の美容を支えてきた歴史があり、現在でも自然素材の美容ケアアイテムとして支持されています。

クチャパックをすることでお肌の汚れや老廃物を取り除き、新陳代謝アップが期待できるのだそう。女性に喜ばれる沖縄らしいお土産です。

8.やちむん

やちむん

沖縄の伝統的な焼き物のやちむんですが、現代の食卓にも合う若手作家の作品もたくさんあります。

モダンで使い勝手の良いやちむんはプレゼントとしても人気で、可愛い箸置きや豆皿などをお土産にすると素敵です。国際通りから平和通りを抜けた先にある「壺屋やちむん通り」では、趣のある通り沿いにいくつものやちむんの工房や店舗が並びます。ぜひ実際に手に取ってみてくださいね。

こちらの記事もおすすめです。

9.紅型

紅型

華やかな色使いや自然や動物をモチーフにした紅型は、沖縄らしさがあふれる伝統工芸品です。

古典的な柄の紅型のものから若手クリエイターによるオリジナルデザインの紅型など、最近では種類やデザインも豊富です。

現代の暮らしや日常使いに取り入れやすいデザインのものも多いので、コースターやしおり、ポーチなど、普段使いできるさりげないアイテムを選ぶと失敗しません。

10.島ぞうり

島ぞうり

島ぞうりとは、いわゆるゴム製のビーチサンダルのことです。カラフルな色や、絵柄がデザインされたものなど、種類が豊富で価格もお手頃なので、お土産にも人気です。

オリジナルの島ぞうりのオーダーができる店舗や手作り体験などもあるので、こだわりの島ぞうりをお土産にしたいのなら、ぜひチェックしてみてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?旅行の楽しみの一つであるお土産選び。そのお役に立てていただくと嬉しいです。

もし買い忘れがあっても、お土産専門のネットショップもあるのでチェックしてみてくださいね。

JTB SHOPPINGで沖縄土産をチェックする

\ SNSでシェアしよう! /

沖縄の専門家がおすすめする沖縄旅行を100%満喫するための観光ガイドの注目記事を受け取ろう

シーサー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

沖縄の専門家がおすすめする沖縄旅行を100%満喫するための観光ガイドの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

関連記事

  • 初めての女性ひとり旅におすすめ!沖縄ならひとりでの旅行者が多くて安心

  • 初めての人必見!一人旅で気を付けたい6つのポイント

  • ひとり旅って寂しいの?実際に体験してみて知ったひとり旅の寂しさとやめられない魅力

  • お土産にもおすすめ!南国沖縄で買いたいトロピカルフルーツ

  • 自分でやるなら持っておきたい!おすすめのシュノーケルグッズ

  • 沖縄グルメの定番★ソーキそばと沖縄そばの違いってなに?

TOPヘ戻る