1. TOP
  2. 沖縄本島
  3. ドライブ途中に立ち寄りたい沖縄の道の駅7選

ドライブ途中に立ち寄りたい沖縄の道の駅7選

 公開日時:2021/11/02 この記事は約 7 分で読めます。
道の駅

沖縄本島は北へ南へ観光スポットは点在しているので、ドライブを楽しみながら観光地を巡るのがおすすめです。

今回は、沖縄本島の道の駅を紹介します。お土産屋や飲食店と充実した施設がたくさんですので、参考にしていただければと思います。

ゆいゆい国頭

ゆいゆい国頭は、自然豊かなやんばるエリアにある、沖縄県最北端の道の駅です。

建物の天井が高くガラス張りの内装で、明るく開放感がある店内。地元食材をふんだんに使用したレストランや、国頭特産品をはじめとした沖縄のお土産売り場も充実しています。

やんばるの森にちなんだヤンバルクイナグッズや、廃材を利用したクラフト雑貨なども扱っているので、ちょっと特別なお土産探しにもおすすめです。

★おすすめフード

「わ~家~」の猪豚そばは、やんばるの猪と豚を交配させて誕生したイノブタを使った希少なそば。

わ~家~

クセがなくあっさりした味わいですが、スープはしっかりとした猪豚の旨味がしっかり感じられます。

上質な脂と栄養価の高い赤身のお肉は食べごたえあり、ヘルシーなので女性にもおすすめ。

ゆいゆい国頭

住所 沖縄県国頭郡国頭村字奥間1605
TEL 0980-41-5555
営業時間 9:00-18:00(通常)

https://www.yuiyui-k.jp/

道の駅おおぎみ やんばるの森ビジターセンター

大宜味村の道の駅には、やんばるの森について学べる施設やイベントスペースが併設されています。

地産地消がコンセプトのレストランや、地元食材の直売所「がじゅまる館」で食事やショッピングを満喫したら、大迫力の360°ドームシアターでやんばるの森の映像を鑑賞しましょう。VRコーナーなどもあり、大人から子供まで楽しめますよ。

カヤックやSUP、キャンプ体験などのアクティビティも随時開催されているので、家族やお友達とぜひ訪れてみてくださいね。

★おすすめフード

「パーラーくがに」のやんばるいちごのスムージーは、フレッシュなイチゴをふんだんに使ったスムージー。

控えめな甘さとイチゴの酸味が爽やかでクセになります。爽やかな風味が広がるシークヮーサーバーガーもここでしか食べられない人気メニューです。

道の駅おおぎみ やんばるの森ビジターセンター

住所 沖縄県大宜味村字津波95番地
TEL 0980-44-2233
営業時間(通常時)
特産品販売所 10:00~18:30(平日) ⁄ 09:30~18:30(土日祝)
レストラン 11:00~15:00(平日) ⁄ 11:00~16:00(土日祝)
パーラー 12:00~16:00(平日) ⁄ 12:00~17:00(土日祝)
情報発信施設 : 09:00~17:00(平日、土日祝)

https://www.yambaru-vc.com/

道の駅許田やんばる物産センター

許田ICを降りてすぐの場所にある道の駅許田は、沖縄県で最初にできた道の駅です。

名護湾を望む絶好のロケーションが魅力で、2021年7月にリニューアルしました。

沖縄の味が楽しめるフードコートには、タコスや沖縄そば、ステーキといった食べ応えのあるメニューから、パーラーやベーカリーなどの軽食も充実しているので、休憩にもピッタリ。

物販エリアでは、沖縄ならではのお土産や、採れたての農産物が並んでいます。また、よく当たる宝くじ売り場があることでも知られています。

★一押しフード

道の駅許田のオリジナルソフトクリーム「ドラピカルソフト」は、ドラゴンフルーツを使って鮮やかなピンク色が目を引くソフトクリーム。ヨーグルトを加えたさわやかな味わいと滑らかな舌触りがあとひく美味しさです。

許田やんばる物産センター

住所 沖縄県名護市字許田17-1
TEL 0980-54-0880
営業時間 8:30~19:00(通常)

https://www.yanbaru-b.co.jp/

道の駅ぎのざ

2018年にリニューアルして、昔ながらの雰囲気と近代的な建物がコラボする東海岸唯一の道の駅

特産品加工直売センターでは、宜野座で採れたフルーツや特産品を購入できます。

1階の展示室では、阪神タイガースをはじめとする宜野座村とつながりのあるスポーツに関するアイテムが展示され、休憩室や集会所、展望テラスなど、のんびり休憩するスペースが充実。漢那福地川沿いにある護岸テラスでは予約をすればBBQも楽しめます。

キッズルームや水深10cmのプールと噴水のある水遊び場もあるので、ファミリーの休憩スポットとしてもおすすめ。

★一押しフード

「Coffee & Break Ginoza Farm Lab」の宜野座クラシックバーガーは、ふわふわのパンズと肉感が凝縮されたパテのバランスが絶妙です。建物の2階にあり見晴らしが良いカフェなので、天気が良ければ、開放的なテラス席で食事を楽しみましょう。

道の駅ぎのざ

住所 沖縄県国頭郡宜野座村字漢那1633
TEL  098-968-8787
営業時間 9:15~18:00(通常)

https://mitinoeki-ginoza.com/

おんなの駅なかゆくい

おんなの駅なかゆくい

「なかゆくい市場」は、ドライブのついでに立ち寄りやすい人気の道の駅。

恩納村で採れた新鮮な野菜やフルーツ、魚介類などの特産品がずらりと並んでいます。お菓子やお酒、加工品、沖縄コスメなども充実しているので、お土産探しも楽しめます。

グルメのテナントも充実しているので、ランチや休憩で立ち寄って、とっておきグルメを探してみましょう。

植物コーナーもあり、亜熱帯の植物や多肉植物なども購入できます。

★一押しフード

寿味屋かまぼこの「ジューシーばくだん」は、沖縄の炊き込みご飯(ジューシー)をかまぼこにした一品です。たまごやカマンベールチーズ、もずくなどかまぼこの種類も豊富なので、ドライブのお供にテイクアウトしてみませんか。

おんなの駅なかゆくい

住所 沖縄県国頭郡恩納村仲泊1656−9
TEL 098-964-1188
営業時間 10:00~19:00(通常)

http://onnanoeki.com/

道の駅いとまん

糸満市物産センター

南部最大規模の道の駅いとまんは、那覇空港から車で20分とアクセスも便利です。

新鮮な魚介がずらりと並ぶ「お魚センター」や地元でとれたフルーツや野菜が揃う「ファーマーズマーケット」、お土産探しにピッタリな「物産センター遊・食・来」など、規模の大きな施設が複数あり、じっくり見て回ると一日中かかってしまいそう。

ファーマーズマーケット

フルーツやお酒などのかさばるお土産は、購入してその場で発送すると、荷物になりませんよ。

★一押しフード

お魚センターの魚介ウニソースは、ぜひ食べてみたい人気のメニュー。

牡蠣やホタテ、エビなどの魚介類にウニソースをかけて店先で焼いています。漂ってくる香ばしい匂いは、スルーできない魅力があります。

道の駅いとまん(物産センター遊・食・来)

住所 沖縄県糸満市西崎町4-19-1
TEL  098-992-1030
営業時間 9:30~18:00(年中無休)

http://www.yukura.jp/

道の駅豊崎

道の駅豊崎

那覇空港から車で13分、日本最西端に位置する道の駅は利便性が抜群です。

県内最大のレンタカーステーションや観光情報収集におすすめの「情報ステーション」があり、沖縄旅行のスタートにもおすすめです。

「JAおきなわ食菜館 菜々色畑」では”マンゴーの里”豊見城市産のフレッシュなマンゴーが直売価格で手に入るので、出荷時期の5月中旬から9月中旬頃に訪れたのなら、ぜひチェックしてみてください

★一押しフード

おにぎりキングの「ポーク玉子おにぎり」は、小腹を満たす沖縄のソウルフード。

ピクニックやちょっとした休憩におすすめです。「ゴーヤー」や「にんじんシリシリ」など、沖縄らしいポーク玉子おにぎりのメニューもあるので、色々な味を試してみましょう。

道の駅豊崎

住所 沖縄県豊見城市字豊崎3-39
TEL 098-850-8280
営業時間 9:00~18:00(年中無休)

https://www.city.tomigusuku.lg.jp/tourism_culture/140/548

\ SNSでシェアしよう! /

沖縄の専門家がおすすめする沖縄旅行を100%満喫するための観光ガイドの注目記事を受け取ろう

道の駅

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

沖縄の専門家がおすすめする沖縄旅行を100%満喫するための観光ガイドの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

関連記事

  • 沖縄といえば泡盛!工場見学でおすすめの酒造とお土産に選びにぴったりのお店

  • パワースポット、絶景…見所沖縄本島から車で行ける離島、古宇利島

  • 沖縄専門ツアーガイドのおすすめ!冬の沖縄を楽しむとっておきの方法(12月〜1月)

  • 誰もが楽しめる!沖縄本島の『遊ぶ』観光スポットをご紹介

  • 沖縄本島で絶景の夕日を楽しむ!人気のサンセットスポット5選!

  • 【沖縄本島】年間のイベント行事&楽しむ方法をご紹介

TOPヘ戻る