1. TOP
  2. 久米島
  3. 東洋一の美しさ!砂浜だけの無人島「はての浜」

東洋一の美しさ!砂浜だけの無人島「はての浜」

 公開日時:2015/11/19 この記事は約 3 分で読めます。

真っ白な砂浜だけでできた島「はての浜」。
久米島の東へ5kmの場所に位置し、全長7kmの3つの島に分かれていて、久米島に近い方から「前の浜(メーヌハマ)」、「中の浜(ナカヌハマ)」、「果ての浜(ハティヌハマ)」と名づけられています。
島の周りは360度エメラルドグリーンの海と真っ白な砂浜なので、他では味わえない美しい風景を見ることができます。
その美しさはテレビやCMの撮影などでも使われるほど!
映画「釣りバカ日誌11」のワンシーンに使用されたことでも有名です。

「はての浜」へのアクセス

「はての浜」は船でしか行くことができません。
久米島の「泊フィッシャリーナ」から渡し船に乗り、約20分程で到着します。
船は基本的には予約制となっておりますので、渡船会社に事前に電話予約されることをおすすめします。
>>はての浜へ行く渡し舟の詳細情報はコチラ!

はての浜

観光ツアーで「はての浜」へ!

久米島を代表する観光スポットの「はての浜」にはたくさんのツアーがあります。
スタンダードなものですと、「はての浜」に上陸出来るツアーが人気です。
ライフジャケットを必ず着用するので、お子様連れの方でも安心して参加することができます。
海水浴が出来るツアーも数多くあり、季節を問わずシュノーケルや体験ダイビングなどのマリンスポーツを楽しめます。
ですが、冬の時期に「海に入るのは・・・」と抵抗がある方もいるかと思います。
そんな方におすすめなのがグラスボートで海中遊覧が出来るツアーです。
海に入らなくても久米島の海中世界をのぞくことができます。

夜は幻想的なツアーがたくさんあります。
夕暮れ時のサンセットツアー、満天の星空や海中に光る夜光虫「海ホタル」を見ることができるナイトツアーなど、日中には体験することができない楽しみがいっぱいです!

自分に合ったツアーを見つけて「はての浜」を満喫してみてはいかがでしょうか?

満潮と干潮の時間を事前に知っておく!

「はての浜」は、満潮時と干潮時で雰囲気がガラッと変わります。
そのため「満潮に行くべきか?干潮に行くべきか?」どちらが良いのかと悩まれる方も少なくありません。

雑誌などで掲載されている写真は満潮時のものが多いですが、干潮時も砂浜に残る潮の満ち干きの跡など造形的な景色が広がり、どちらのタイミングで訪れても「はての浜」の風景は素晴らしいです!
ただし、マリンスポーツを楽しみたいと考えている方は満潮時がおすすめ。
干潮は避けて満潮に近い時間帯を狙った方が良いですね。
逆に干潮時に訪れると、徒歩で別の砂丘へ渡ることができる時間もあります。

どちらかのタイミングを狙って楽しみたいという方は、久米島の潮見表で事前に確認しておくと良いでしょう。
>>久米島の潮見表を確認

夏に行く際には必ず日焼け対策を!

「はての浜」には日陰が全くありません。無防備なまま遊びに行くと、日焼けをしてしまうので、日焼け止め、帽子、サングラスは必須。忘れずに用意してくださいね。

 

“東洋一”とも言われる美しい景色が広がる「はての浜」。
白い砂浜と、空・海の青のコントラストは、日本にいることを忘れてしまうほど…。
久米島を訪れた際には、絶対に足を運んでいただきたい絶景スポットです!

 

>>絶景「はての浜」に行ける久米島ツアーはこちら<<

沖縄旅行ならハックルベリーツアー!無料お問い合わせ受付中
この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

沖縄の専門家がおすすめする沖縄旅行を100%満喫するための観光ガイドの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

沖縄の専門家がおすすめする沖縄旅行を100%満喫するための観光ガイドの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 久米島だけに生息するホタルを鑑賞!「久米島ホタル館」で幻想的な光の世界へ。

  • 自然が創り出した絶景とパワースポット!久米島のイチオシ観光スポット

TOPヘ戻る