1. TOP
  2. 沖縄
  3. 沖縄の卒業旅行のお得な情報&おすすめ観光スポット

沖縄の卒業旅行のお得な情報&おすすめ観光スポット

 公開日時:2016/02/15 この記事は約 6 分で読めます。
古宇利大橋

学生生活を締め括るイベントのひとつである卒業旅行。今は、まさにそのシーズンまっただ中!卒業旅行というのは、行先や費用、様々なことを考慮しながら計画を立てます。しかし「考えることが多すぎて具体的な内容がなかなか決まらない…。」と悩んでいませんか。そんな方は、ぜひ「沖縄」へ行ってみてください!なぜこの時期に沖縄がおすすめなのか…

今回は、沖縄の卒業旅行に関するお得情報と併せてお得な観光スポットをご紹介します!

沖縄への卒業旅行は絶対にお得!

卒業旅行のシーズンといえば、2月、3月。どうして夏でもない2月、3月に沖縄がおすすめ!?と疑問を持つ方もいらっしゃるかと思います。もちろんこの時期の沖縄は、本格的なオンシーズンではありません。しかし、だからこそ3月中旬までなら夏場の沖縄旅行に比べると旅費が大幅に抑えられるのです。また、3月中旬頃までは混雑も少なく、穴場の日程でもあります!
弊社では、卒業旅行向けのプランも販売しています。出発地は、東京・大阪(神戸)・名古屋・福岡の4つから選択可能。往復共通の発着地をご選択して頂くことが条件ですが、グループ内でバラバラの発着地でも問題ありません。これなら帰省中の方がいても、現地での集合ができます。
そして、沖縄をお得に効率よく観光するならレンタカーを利用した方が便利です。沖縄本島ほぼ全域で路線バスは運行しています。しかし、バスでは、個人個人で交通費が必要なだけでなく、レンタカーよりも大幅に時間がかかります。グループ旅行なら、レンタカーに必要な費用も分割でき、移動時間も短縮できます。
ちなみに、那覇市内をメインに観光するなら「ゆいレール」を利用してもお得です!ゆいレールとは、那覇市内の那覇空港と首里駅を結ぶモノレール。那覇市内の主要観光スポットを結ぶ路線なので、乗車するだけでも沖縄の雰囲気を楽しむことができます。ゆいレールでは、1日乗車券などのお得な乗車券を販売しています。そちらを利用すれば、一部の観光施設や飲食店がお得に利用できます。1日フルに使って那覇市内を観光したいという方にはおすすめです!

お金をかけずに楽しむ沖縄

旅行では、交通費、宿泊代、食事代など最低限の出費に抑えても、ある程度の費用は必要となります。そんな中で、出来るだけ観光にかかる費用を抑えながら、楽しむことができたら嬉しいですよね。実は、沖縄には、お金をかけず尚且つシーズン問わず楽しむことのできる観光スポットが多数あります。今回ご紹介するのは、お金をかけずに楽しむことができ、写真撮影スポットとしてもおすすめの観光地。沖縄らしさを感じられる写真を是非思い出の一枚として残してみてください。

■万座毛

万座毛

恩納村にある沖縄の代表的な絶景スポット。琉球王朝時代に尚敬王が「万人が座れる毛(草原)」と賞賛したほどの景観は、いまだに変わりません。隆起したサンゴ岩から形成された約20メートルの絶壁に、象の鼻のような形をした岩があるのが特徴。また、万座毛の植生は、「万座毛石灰岩植物群落」として県の天然記念物にも指定されています。そして、万座毛の入口には、ちょっとした市場のようにお土産屋さんがいくつも並んでいます。定番の沖縄土産や掘り出し物もあるかも…。ぜひ、お好みの品物を探してみてください。ちなみに、万座毛を訪れるおすすめの時間帯は、日没の時間!もちろん日中の太陽の光が青い海をキラキラと照らす光景もキレイです。しかし、ここから眺めるサンセットは絶景で、誰もが感動する景色が広がっています。

≪アクセス≫
●那覇空港より車で約80分
●バス停「恩納村役場前」より徒歩約10分

■古宇利大橋・ハートロック

古宇利大橋

古宇利大橋は、沖縄本島北部に位置する有人島「古宇利島」と沖縄本島を結ぶ無料で渡れる橋です。全長2kmの橋は、車はもちろんですが、歩いて渡ることも可能です。橋の両側には、エメラルドグリーンの海が広がり、まるで海の上を走っているような感覚になります。写真撮影をするなら、橋の手前に駐車場があるので、そちらを利用してみてください。
徒歩なら橋の上で撮影することも可能ですが、車で渡る際は橋の上での撮影は大変危険なので絶対にやめましょう。
そして、橋を渡った先には、「アダムとイブ」と似た伝説を持つことから別名“恋島(くいじま)”とも呼ばれる古宇利島があります。

ハートロック

古宇利島の北側にあるティーヌ浜には、「ハートロック」という名の自然が作り出したハート型の岩があります。こちらも絶好の撮影スポット!エメラルドグリーンの海を一望できる日中、真っ赤な夕日が沈む夕暮れ時、どの時間帯でも美しい景色を見られます。きれいなハートの形に見えるポイントを探して、思い出に残る写真を撮影してみてください。

≪アクセス≫
那覇空港より車で約2時間

■首里城

首里城

かつて琉球王国の王が暮らしていた首里城。現在は、沖縄の人気観光地のひとつとなりました。そんな首里城を観光するには、お金がかかるのでは…と思う方がほとんどではないでしょうか。たしかに首里城の中心である「正殿」を見るには、入館料が必要となります。しかし、実は首里城には“有料エリア”と“無料エリア”があるのです。入口から敷地内の中心部に位置する「広福門」前までは無料エリア。それより先は、有料エリアとなります。そして、無料エリアと言っても、首里城を存分に楽しむことができます。
首里城に着いてすぐに目にする「守礼門」。数々の石垣と城門がある首里城の中で、エレガントな雰囲気を持つ代表的な門です。ここでは、多くの観光客が記念撮影をするスポットなので、是非記念に一枚撮影してみてください。無料エリアは、意外と広範囲なので、ただ歩いているだけでも、沖縄独特の雰囲気を楽しむことができます。
ちなみに、有料エリアの入館料は大人1名様あたり820円です。こちらは、モノレールのフリー乗車券(1日券・2日券)をお持ちのお客様には、団体料金が適用され、少しお安くなります。そして、午前中は混み合う時間帯なので、午後に行くのがオススメです!

≪アクセス≫
●那覇空港より車で約40分
●モノレール「首里駅」より徒歩約15分
首里城公園公式サイト【http://oki-park.jp/shurijo/

この時期だからこそお得で、思いっきり楽しめる沖縄。
学生時代の最高の思い出を作りに沖縄へ行ってみませんか?

>>卒業旅行におすすめ沖縄旅行はこちら<<

\ SNSでシェアしよう! /

沖縄の専門家がおすすめする沖縄旅行を100%満喫するための観光ガイドの注目記事を受け取ろう

古宇利大橋

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

沖縄の専門家がおすすめする沖縄旅行を100%満喫するための観光ガイドの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

関連記事

  • 秋のシーズンこそ沖縄旅行へ!10月~11月のおすすめ観光ガイド

  • プールが自慢のリゾートホテル5選!<沖縄離島編>

  • 【冬の沖縄】夜からの観光に!幻想的なイルミネーションスポットへ

  • 沖縄って意外と行きやすい!?ライブ遠征+プチ観光の旅に出よう!沖縄旅行お役立ち情報まとめ

  • 一度は泊まってみたい憧れのリゾート!沖縄の離島で宿泊したい高級ホテルは?

  • 一度体験するとやみつき!沖縄ダイビングでおすすめの離島は?【体験ダイビング編】

TOPヘ戻る