1. TOP
  2. 沖縄
  3. 一人旅で沖縄へ!おすすめの離島ランキング

一人旅で沖縄へ!おすすめの離島ランキング

この記事は約 6 分で読めます。

誰かと一緒に旅行をすると、スケジュールを詰め込みすぎてゆっくりできなかったり、相手に気を使ってしまいますよね?
一人旅だと誰にも気兼ねすることなく旅を満喫することができます。その日の気分で自由に行動ができるので、思わぬ出会いや新発見があるかもしれませんよ。沖縄の一人旅は離島がおすすめです!その中でも人気の島をランキングでご紹介します♪

1位 竹富島

八重山諸島にある竹富島は、石垣島から高速船で10分ほどで行くことができます。
1日あれば自転車で島一周を観光できるくらいの小さな島で、日帰りで訪れる方も多いです。
赤瓦の家が立ち並ぶ集落を水牛車に乗ってのんびりと観光したり、海でシュノーケリングもおすすめ♪
猫がたくさんいる島としても有名で、猫好きの方にも注目されています。
島の人たちも気さくに話かけてくれるので、一人で訪れても自然と仲間ができて楽しく過ごせますよ。

一人旅におすすめ!竹富島の観光スポット 「コンドイビーチ」


真っ白な砂浜とエメラルドグリーンの海が広がる「コンドイビーチ」は遠浅で波も穏やかです。
干潮時には、それまで海だった場所が沖まで歩けるほど浅くなります。
神秘的な現象を楽しみたい方は干潮時間をチェックしていくようにしてくださいね!
竹富島の干潮時間

猫用の小屋が設置されているこのビーチには高い確率で猫がたくさん集まっています。
お昼の暑い時間帯には猫たちの姿をなかなか見ることができないので、そんな時にはコンドイビーチへ行くと見ることができますよ!

2位 波照間島

八重山諸島にある日本最南端の島で、透明度の高い美しい海はハテルマブルーと称されています。
南十字星が好条件で見れることでも有名で、天体観測のためだけに訪れる方も多いです。
満天の星空を楽しみたいなら「星空観測タワー」に立ち寄ってみてください!
屋上にある開閉式の天体ドームに設置されている望遠鏡で天体観測や星空ガイドなど貴重な体験ができます。
そして、泡盛が好きな人におすすめなのが、幻の泡盛「泡波」。
島の人たちが飲む用に生産していて、島の外にはなかなか出回らないので幻と言われています。
島の売店では販売もされていますので、お土産に購入するのも良いですね♪
島内の移動手段は路線バスやタクシーなどがなく、自転車やバイクのみになります。
宿泊される方は宿でレンタルもしているので、安心です。

一人旅におすすめ!波照間島の観光スポット 「ニシ浜」


波照間島の北に位置するニシ浜・・・
「あれ?西側じゃないの?」と違和感を持った方もいるかと思いますが、実は沖縄では北のことを“ニシ”と言うそうです。沖縄で道を聞く時には気をつけないといけませんね。
ニシ浜は透明度が高く、海の色も美しいブルーで1キロ以上続く真っ白な砂浜とのコントラストが素晴らしいです。
浜まで行く手前の坂の途中から見える海は、思わず立ち止まってしまうほどの絶景です。
太陽の光の加減で海の色も変わるため、天気が良い日はずーっと眺めていても飽きることはありません。
島の民宿から歩いて行くこともできますが、自転車をレンタルして行くのがおすすめです。
波照間島旅行には欠かせない、誰もが感動すること間違いなしのスポットですよ!

3位 石垣島

新石垣空港ができて、羽田空港や関西国際空港からも直行便で行けるため、さらに人気が高まりました。
石垣島の海はダイビングやシュノーケリングで、マンタを間近でみることができるかもしれません。
ビーチは定番から穴場の場所が数多くあり、3月中旬の海開きからマリンスポーツや海水浴を楽しむことができます。
さらに、美味しいご飯や人の温かさに触れることができるのがこの島の魅力!
石垣牛や八重山そば、ジューシーという炊き込みご飯は、おすすめの石垣島グルメです。
地元の方に聞くと、ガイドブックには載っていない穴場の美味しいお店に出会えるかも♪
ホテルなどの宿泊施設も充実している石垣島は、女性の一人旅も安心ですね。

一人旅におすすめ!石垣島の観光スポット 「川平湾」


石垣島に来たら必ず行ってほしいのが「川平湾」。
島の代表的な観光スポットで、海外のメディアにも取り上げられるほど世界的に有名です。
エメラルドブルーの美しい海に浮かぶ島々はまさに絶景!!
水質がとても良く、水がきれいな場所でしか育たない「黒蝶貝」の養殖に初めて成功したことでも知られています。
潮の流れが早いため遊泳禁止ですが、湾内を周遊するグラスボートで珊瑚や熱帯魚が泳ぐ様子を楽しむことができますよ♪
ダイビングやシュノーケリングなどのツアーもあり、一人から参加ができるのでおすすめ!
インストラクターさんや他に参加される方とも仲良くなり、楽しく過ごせます。

4位 座間味島

座間味島は沖縄本島の西側の慶良間諸島にある小さな島で、2014年には国立公園に指定されました。
ザマミブルーと呼ばれる透き通った海は、珊瑚礁と色とりどりの魚達が泳ぐ世界が広がっています。
ダイビングのイメージが強いと思いますが、シュノーケリングや海水浴も楽しめるんです!
ビーチの浅瀬では、運が良ければウミガメに出会えることもあります。
そして、ホエールウォチングスポットでもある座間味は、毎年1月〜3月まで子育てのために多くのザトウクジラがやってきます。親子クジラの姿が見られるかもしれませんね♪
那覇から高速船でたったの50分で到着するので、日帰りも可能で一人旅におすすめの離島です。

一人旅におすすめ!座間味島の観光スポット 「高月山展望台」

海のイメージが強い座間味島ですが、観光スポットもたくさんあります。
その中でも「高月山展望台」は人気が高く、そこから見える古座間味ビーチの眺めは最高です。
天気が良い日には、遠くに那覇、渡名喜島、粟国島が見えますよ。
ベンチが設置されていますので、ケラマブルーの海が夕日で徐々に赤く染まる瞬間をゆっくりと眺めることができます。

5位 与那国島

日本最西端にある与那国島は沖縄の離島の中でも独特の魅力を持ち、台湾が近いことから「国境の島」とも呼ばれています。
与那国の海は黒潮の影響で透明度が高く、上級ダイバーに人気です。
島を訪れる方に人気の海底遺跡やハンマーヘッドシャークはダイビングやシュノーケルはもちろん、半潜水型の観光船でも楽しむことができます。
そして、日本で一番最後に夕日が沈む場所「久部良」や日本最西端の碑がある「西崎(いりざき)」は絶対外せないスポットです。

一人旅におすすめ!与那国島の観光スポット 「東崎展望台」

最西端の島ならではの観光スポットと合わせて行ってほしいのが「東崎(あがりざき)」です。
断崖絶壁の岬の先端には東崎灯台が立っていて、展望台もあります。
そこからの眺めは素晴らしく、天気の良い日には西表島が見られることも!
なだらかな放牧地になっていて、ヨナグニウマや牛と触れ合えるのも魅力です。
ヨナグニウマは日本の在来種で天然記念物に指定されています。
体はとても小さく、性格は温厚で大人しいので近寄っても安心なので、頭や首を優しく撫でてあげてくださいね♪

まとめ

いかがでしたか?
陸も海も絶景がたくさん見られる沖縄。特に離島は、のんびりと一人旅をするのに向いていますね!
今度の連休にぜひ、旅行へ行ってみては?
思う存分リフレッシュしちゃいましょう!

沖縄離島一人旅ツアーはこちら

\ SNSでシェアしよう! /

沖縄の専門家がおすすめする沖縄旅行を100%満喫するための観光ガイドの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

沖縄の専門家がおすすめする沖縄旅行を100%満喫するための観光ガイドの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

関連記事

  • 9月の沖縄旅行はおすすめ?今年のシルバーウィーク情報は?気になる服装、気候、台風について

  • 安さにこだわりたい方におすすめ!沖縄旅行で離島の民宿に泊まろう!

  • 【那覇から日帰りOK!】沖縄本島から船や車で行けるおすすめの離島は?

  • 海以外にも注目!沖縄の自然を満喫できるおすすめスポット7選

  • プールが自慢のリゾートホテル5選!<沖縄離島編>

  • 沖縄の海を楽しめる時期は? 海水浴のベストシーズンを紹介します!

TOPヘ戻る