1. TOP
  2. 沖縄
  3. プールが自慢のリゾートホテル5選!<沖縄離島編>

プールが自慢のリゾートホテル5選!<沖縄離島編>

この記事は約 6 分で読めます。

沖縄は海がメインだと思う方も多いと思いますが、実はプールが充実したリゾートホテルもたくさんあります。今回はプールが楽しめる離島のリゾートホテルをご紹介します!

<石垣島>ANAインターコンチネンタル石垣リゾート

出典:ANAインターコンチネンタル石垣リゾート公式サイト

石垣島の市街地にありながらも広大な敷地内には、ゴルフ場、テニスコート、マリンアクティビティなどの施設が充実したリゾートホテルです。
空港から車で約20分とアクセス抜群なのも嬉しいポイント!
ホテル内には「アウトドアプール」と「インドアプール」の2つのプールがあります。
「アウトドアプール」は、ホテルのガーデンと呼ばれる中庭にある屋外プールです。
このプールの最大の魅力は、子供にとても人気のウォータースライダーがあること!石垣島内にはウォータースライダー付きのプールは少ないため、夏休み期間中になると行列ができるほどの賑わいです。
12歳以下の子供は保護者同伴であればプールを利用することができます。
プールサイドのすぐそばにはプールバーがあり、軽食やデザート、お酒などのドリンクを購入することが可能です。
パラソルの下、カクテルやトロピカルドリンクを片手にリゾート気分を味わえますよ♪
石垣島の海水を取り入れた「インドアプール」は、屋内にあるので天候の心配もなく、通年利用が可能です。
プールで遊んだ後は、ジャグジーに入ってゆっくりと寛ぐこともできます。
そして、専門のスタッフが子供と一緒にプールで遊んでくれる「キッズクラブプログラム」というイベントもあります。
子供がプログラムを体験している間に、大人は食事を楽しんだり、エステで癒しのひととき過ごしたりできるのが魅力の一つです。
家族で遊びに来られる方はぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

◇プールの利用について
【期間】通年
【時間】アウトドアプール/9:00~19:00(※時期により営業時間の変更あり)
    インドアプール/9:00~21:00 
【料金】宿泊者無料(宿泊者以外の方は、大人3,000円、小学生1,500円)

<ANAインターコンチネンタル石垣リゾート>
【住所】沖縄県石垣市真栄里354-1
【電話】0980-88-7111
【公式サイト】https://www.anaintercontinental-ishigaki.jp/

<宮古島> 宮古島東急ホテル&リゾーツ

出典:宮古島 東急ホテル&リゾーツ

東洋一美しいと言われる「与那覇前浜ビーチ」に面したロケーション抜群のリゾートホテル。
空港からは車で約10分、飲食店などが集まる市街地へも約15分と、立地が良いのも魅力です。
このホテルには、宿泊者専用のリゾート感溢れる3タイプの屋外プールがあります。
水深110cm~140cmの大人用の「25メートル変形プール」、スキューバ体験ダイビングを利用されるお客様のための「ダイビングプール」。
そして、可愛いひょうたん形の「子供用プール」は、水深は40cm〜70cmと浅く、子供たちが存分に遊べる広さがあります。
泳ぎ疲れたら、プールサイドのバーカウンターやデッキチェアで一休み…
すぐ後ろにあるビーチから波の音が聞こえてくるのもビーチリゾートならでは。
さらに、夜になるとプールはライトアップされ幻想的な雰囲気に。リゾート気分も高まります。
プールで使うタオルや浮き輪も無料で貸出しているので、旅行の荷物も少なくて済みますよ!
パラソルやビーチチェアの貸出、シャワーや更衣室なども無料で利用できます。

◆プールの利用について
【期間】3月16日~11月30日
【時間】9:00~18:00(※時期により営業時間の変更あり)

<宮古島東急ホテル&リゾーツ>
【住所】沖縄県宮古島市下地字与那覇914
【電話】0980-76-2109
【公式サイト】https://www.tokyuhotels.co.jp/miyakojima-h/

<西表島>ホテルニラカナイ西表島


西表島の北西部の弓なりに広がるビーチ「月ヶ浜」に面した島唯一の本格派リゾートホテルです。
宿泊者専用の屋外プールは、ブーゲンビレアと海風を防ぐモクマオウの緑に囲まれていて、南国気分が味わえる開放感的な空間になっています。
プールの深さは0.3m~1.25mの傾斜状になっていて、小さなお子様は保護者同伴で利用可能です。
浮き輪やビーチボール、ビート板などが用意されていて、自由に使えるようになっています。
プールサイドにはカラフルなパラソルとリクライニングチェアがあり、のんびりとした時間を過ごすこともできます。
コインランドリーには洗濯機や乾燥機の他に、水着の脱水機も用意されており、24時間利用が可能でとても便利です。

◆プールの利用について
【時間】8:00~日没

<ホテルニラカナイ西表島>
【住所】沖縄県八重山郡竹富町字上原2-2
【電話】0980-85-7111
【公式サイト】https://nirakanai-iriomotejima.jp/

<久米島>リゾートホテル久米アイランド


久米島の東側、イーフビーチ近くにある赤瓦の屋根と白壁の建物、広々としたガーデンが特徴のリゾートホテル。
メインロビーを抜けた先には大きな屋外プールがあり、大人用と子供用に分かれています。
子供用プールは、水深0.6mで小さなお子様も安心です。
プールサイドにはデッキチェアや東屋があるので、ゆっくりと過ごすことができます。
プールサイドバーは濡れたままでの利用も可能です。
思う存分遊んで小腹が空いたら、ちょっと贅沢にプールサイドでBBQがおすすめ!
自然の中で心地よい風を感じながら、久米島近海で獲れた魚介や沖縄そばなども味わえてボリューム満点です。
夜はプールサイド全体がオレンジ色の光にライトアップされ、リゾート感がさらに高まります。
チェックアウト後でもプールの利用が可能なので、出発直前ギリギリまでプールで遊べるのも魅力ですね。

◆プールの利用について
【期間】4月~10月
【時間】9:00~18:00

<リゾートホテル久米アイランド>
【住所】沖縄県島尻郡久米島町字真我里411
【電話】098-985-8001
【公式サイト】http://www.kumeisland.com/

<小浜島>はいむるぶし

出典:はいむるぶし公式サイト

小浜島の南東に位置する日本最南端のリゾートホテルです。
ホテル内には、宿泊者専用の15m×8.5mのプールと半楕円形のお子様用プールが一体になった屋外プールがあります。
お子様用プールは水深30cmで、深いエリアと浅いエリアが区切られているため、小さなお子様連れの家族も安心です。
数量限定で浮き輪の無料レンタルもしているので、ぜひご利用ください。
プールサイドにはおしゃれなデイベットもあり、リゾート感たっぷり!
寝転びながら冷たいドリンクを楽しんだり、色鮮やかに染まる夕景や満天の星空を眺めたりと素敵なリゾートライフを満喫することができます。

◆プールの利用について
【期間】3月中旬~11月下旬
【時間】9:00~18:00(※季節により時間の変動あり)

<はいむるぶし>
【住所】沖縄県八重山郡竹富町小浜2930
【電話】0980-85-3111
【公式サイト】https://www.haimurubushi.co.jp/

沖縄旅行ならハックルベリーツアー!無料お問い合わせ受付中
この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

沖縄の専門家がおすすめする沖縄旅行を100%満喫するための観光ガイドの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

沖縄の専門家がおすすめする沖縄旅行を100%満喫するための観光ガイドの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 【那覇から日帰りOK!】沖縄本島から船や車で行けるおすすめの離島は?

  • 一人旅で沖縄へ!おすすめの離島ランキング

  • 一度は泊まってみたい憧れのリゾート!沖縄の離島で宿泊したい高級ホテルは?

  • 沖縄の海を楽しめる時期は? 海水浴のベストシーズンを紹介します!

  • 初めての沖縄旅行におすすめ!2泊3日の定番モデルコースを紹介します★

  • 秋のシーズンこそ沖縄旅行へ!10月~11月のおすすめ観光ガイド

TOPヘ戻る