1. TOP
  2. 沖縄ツアー
  3. 沖縄への卒業旅行で一生の思い出を。おすすめスポット・格安で行く方法をご紹介します!

沖縄への卒業旅行で一生の思い出を。おすすめスポット・格安で行く方法をご紹介します!

 公開日時:2017/01/25 この記事は約 11 分で読めます。

日頃仲良くしている友人たちと卒業旅行に行って一生の思い出を作りたい!そう考える学生のみなさんは多いのではないでしょうか?
卒業シーズンは寒い頃ですが、沖縄では春の訪れを感じられる気候の日もあり、卒業旅行の行き先として大人気!
沖縄は本島・離島のどちらにも違った魅力がたくさんあり、友人同士どこへ遊びに行くか考えるだけでもワクワクしてきますね!
しかし!この時期は卒業旅行以外にも新生活に向けた準備などで様々な出費が重なるもの…。
「だからこそ旅行にかかる費用は出来る限り抑えて楽しみたい!」
そのようにお考えの学生のみなさんに、卒業旅行に関するお得な情報と、沖縄本島のおすすめ観光スポットや、おすすめの離島、それぞれご紹介します!

いつ行くのがおすすめ?

卒業旅行のシーズンは12月から3月にかけて。
多くのみなさんが2月・3月中に行かれることが多いかと思います。
しかし、日程を決める上で大切なことがあります。実は、沖縄旅行がオフシーズンである12月から3月末にかけての間でも選択する出発日によって旅費が変わってくるのです!

12月、1月、2月
ツアー代金が比較的リーズナブルで、あまり混雑せず、予約しやすくなっています。
※1月は中国の春節があり、混雑が予想されますので、ご予約はお早めに!

3月
3月の上旬にもなると、沖縄はどんどん暖かくなり、沖縄らしい南国の雰囲気を楽しむことができます。3月上旬は、下旬と比較すると予約も取りやすくリーズナブルなので、最もおすすめの時期です!!
春休み期間にあたる3月下旬は、この期間の中だとツアー代金が最も高くなります。
また、春休みということもあってお子様連れのファミリーも大変多く、混雑している時期でもあります。
つまり、沖縄に卒業旅行に行くなら、3月はじめ頃が最もおすすめです!

沖縄への卒業旅行、予算はどのくらい必要?

時期や宿泊日数によって予算は様々ですが、
弊社のプランだと2月・3月中の最安値期間であれば、おひとり様あたり

2泊3日(レンタカー付き)33,800円~
3泊4日(レンタカー付き)36,800円~

からご利用いただけます!

冬の沖縄・・・海に入れるの?

沖縄は本州と比べて比較的暖かい気候ですが、やはり冬ですので水着での海水浴はできません。
ですが、シュノーケルツアーや体験ダイビングツアーに参加すると、ウェットスーツを貸りることができるので、寒さを気にせず海を満喫できますよ!
冬季は休業するダイビング(シュノーケル)ショップもありますので、事前に確認することをおすすめします。

人気のリゾートエリア恩納村にあるピンクマーリンクラブでは、冬も体験ダイビング・シュノーケルツアー共に行っています。
ホームページからのお申込みで、学割料金が適用されシュノーケルが3800円、体験ダイビングが7800円で参加できます!
(※予告なく終了している場合もあるのでご予約の際にご確認ください)
>>学割適用!シュノーケル・ダイビングならピンクマーリンクラブ

定番を楽しむ!沖縄本島おすすめ観光スポット

卒業旅行が初めての沖縄旅行という方も多いのではないでしょうか?
初めての沖縄旅行の方におすすめする本島での定番観光スポットをご紹介します!

美ら海水族館

chura
沖縄に行くなら一度は行っておきたい、世界最大級の美ら海水族館!
マンタ、エイ、クマノミ、マナティー、チンアナゴなど様々な種類の生き物たちはもちろん、大水槽を優雅に泳ぐ迫力のあるジンベエザメは見応えあり!水槽を下から眺めることができる「アクアルーム」は、まるで海の中にいるような気分が味わえます。
夕方(16時以降)は比較的空いていて、じっくり生き物観察ができますよ!沖縄の美しい海中を再現した光景を、友人たちと一緒に楽しもう!
那覇空港からは少し遠いですが、美ら海を眺めながらの絶景ドライブも楽しんでくださいね。
≪アクセス≫
那覇空港より車で2時間

首里城

shuri
こちらも一度は行っておきたい、沖縄を代表する観光地「首里城」。毎日観光客が訪れる有名な人気スポットです!
琉球文化を感じさせる真っ赤な首里城の美しさは、思い出に残るはず。
正殿は記念撮影の定番スポットにもなっています。
那覇市内にあるので、アクセスもしやすいのもポイント。
≪アクセス≫
那覇空港より車で30分

国際通り

国際通り_re
沖縄を訪れたことのない方でも知っているほど有名な観光スポットのひとつ「国際通り」。約1.6km続く通りの両側には、飲食店や雑貨屋、お土産店が並び、歩くだけでも沖縄らしい雰囲気を楽しむことができます。マンゴーやパイナップルなど南国フルーツを販売するお店もあり、新鮮なフルーツをお手頃価格で購入できるのも沖縄ならでは。
また、国際通りの中心部には、郷土料理やオリジナル料理を扱うユニークな屋台が集結した”国際通り屋台村”があります。営業時間は、午前11時から午後11時までなので、昼も夜も楽しむことができる人気の観光スポットです。
≪アクセス≫
那覇空港より車で約20分

万座毛

万座毛
沖縄本島の中でもトップクラスの絶景スポット万座毛(まんざもう)。昼間は鮮やかに青く輝く海も、夕方には美しい夕日に染められ、一日の中で全く違う表情を魅せて楽しませてくれます。象の鼻のような形をした岩があるのが特徴で、人気の撮影スポットとなっています。そして、万座毛の入口には、ちょっとした市場のようにお土産屋さんがいくつも並んでいます。定番の沖縄土産や、ちょっと風変わりな物も並んでいて眺めているだけでも楽しむことができます。ちなみに、ここから眺めるサンセットはまさに絶景なので、万座毛に行くなら日没の時間に合わせて行くのがおすすめ!
≪アクセス≫
那覇空港より車で約80分

古宇利島

古宇利大橋
名護市の屋我地島から古宇利大橋によって結ばれた先にある、古宇利島(こうりじま)。「アダムとイブ」と似た伝説を持つことから別名”恋島(くいじま)”とも呼ばれています。ちなみに、古宇利大橋は全長1,960mもあります。島の北側にあるティーヌ浜には、「ハートロック」と呼ばれるハートの形に見える岩があり、人気の撮影スポットとなっています。
≪アクセス≫
那覇空港より車で約2時間

ホエールウォッチング

whale
冬ならではの楽しみ方のひとつであるホエールウォッチング。
ホエールウォッチングは12月下旬〜3月末頃の寒い時期に楽しめるので、卒業旅行の期間にぴったり!冬に沖縄の温かい海までやってくるザトウクジラのダイナミックな動きを船の上から観察しましょう!

ザトウクジラは沖縄本島の西海岸と、座間味島(ざまみじま)で見ることができます。
座間味島とは、那覇から西方約40km、高速船で約50分、フェリーだと約90分で到着する人工約600人の小さな離島。ケラマブルーと呼ばれる透明度の高い美しい海や、豊かなサンゴ礁が評価され、国立公園に指定された慶良間(けらま)諸島に属しています。ホエールウォッチングはもちろん、マリンスポーツも楽しめる人気の島です。

それぞれの場所での違いですが、
沖縄本島・西海岸でのウォッチングは、那覇から出港するのでアクセスが便利です。ウォッチング後の観光も存分に楽しみたい方は那覇出港のツアーがおすすめ!

座間味島でのウォッチングは、少人数でじっくり観察できます。ザトウクジラの確認頭数は座間味島が一番多いので、とにかくクジラを見たい方には座間味出港のツアーがおすすめです!ホエールウォッチング後は、島に宿泊してみてもいいですね。昔ながらの素朴な沖縄の雰囲気を味わったり、夜は満天の星空を見ることが出来ます。

冬の海上は寒くなっているので防寒必須!船に乗るので、乗り物酔いしやすい方は、酔い止め薬も飲んでおきましょう。
友人同士誰が一番先にクジラを見つけられるか、楽しみながら観察できます!

卒業旅行におすすめの離島は?

離島は沖縄本島よりも静かで自然に溢れているので、ゆったりとした時間を過ごしたい方にぴったり!ここでは数ある離島の中から特におすすめの島をご紹介します!

石垣島

石垣川平湾
沖縄本島から飛行機で約1時間、南に約400kmに位置する石垣島。八重山諸島の代表的な島で、多くの観光客が訪れる人気の離島です。
東京や大阪からの直行便が運航しているのでアクセスがよく、とても人気があります。
石垣島で注目すべき点はなんといっても島の周囲に広がる美しいサンゴ礁と、海中で数多く生息するマンタ。良いとこ取りの石垣島はダイバーにも大人気!
そして観光客が多く訪れる、とても人気が高いスポットが「川平湾(かびらわん)」。グラスボートに乗り、海を覗いて熱帯魚やサンゴ礁の美しさを堪能できます!
そして石垣島では島内の観光だけでなく、高速船に乗って周辺の離島巡りもできちゃいます!
主な行き先は、西表島・竹富島・小浜島・波照間島・由布島・黒島・鳩間島。
どの島もそれぞれ特徴が違うので、いろんな島へ足を運んでみるのがおすすめ!
各離島ならではの新たな発見があるかも!?

宮古島

宮古島伊良部大橋
沖縄本島から飛行機で約40分、南西に約290kmに位置する宮古島。
こちらも東京や大阪からの直行便が運航しているので、石垣島と共に人気が高い離島です。
注目すべき点は、圧倒的な海の美しさ!!
宮古島は珍しく山がなく、川もありません。つまり、川から流れる水で海が濁らないのです!美しい海「ミヤコブルー」はとても印象に残るはず!!
また、2015年に開通した宮古島と伊良部島を結ぶ「伊良部大橋(いらぶおおはし)」が注目を浴びています。無料で渡れる橋の中では日本最長の3540m!
橋から景色を楽しみながら気持ちよくドライブできること間違いなしです。撮影スポットとして人気が高いので、絶景をバックに撮影した写真は最高の思い出になりますね。
橋を渡った先の伊良部島では、宮古島とはまた違った美しい景色が見られます。綺麗な海を見ながらカフェでお茶もできますよ。そのまま伊良部島で宿泊するのもおすすめです。

渡嘉敷島

渡嘉敷阿波連ビーチ
沖縄本島から高速船で約30分、西に約30kmに位置する渡嘉敷島。慶良間諸島のひとつであり、その中でも一番大きな島です。沖縄本島からアクセスしやすいので、那覇から日帰りで訪れる観光客が多いです。
慶良間諸島周辺の海は世界でも注目されるほどの透明度を誇り、「ケラマブルー」と呼ばれ愛されています。渡嘉敷島はケラマブルーを堪能するのにぴったりで、シュノーケル・ダイビングなどのマリンスポーツがとても盛ん。特に夏は世界中から多くのダイバーが渡嘉敷の海に集まるほど人気が高くなっています!

座間味島

座間味北浜ビーチ
沖縄本島から高速船で約50分、西に約40kmに位置する座間味島。こちらも同じく慶良間諸島のひとつです。渡嘉敷島と比べると沖縄本島から少し距離がありますが、その分座間味島には海の中も含め手付かずの自然が多く残っています。
座間味島もケラマブルーを堪能でき、夏はマリンスポーツ、卒業旅行の時期にぴったりな冬にはホエールウォッチングが楽しむことができます。沖縄でホエール(ザトウクジラ)との遭遇率が一番高い場所は座間味島なのです!!冬にしか体験できないホエールウォッチング、是非参加してみてください!
また、島内にはいくつもの展望台があるので山から慶良間を一望できます。海だけでなく山も楽しむことができる離島です!

卒業旅行向けのおすすめプランは?

弊社ハックルベリーツアーのおすすめ最安値ツアーは、那覇市内のビジネスホテル宿泊プランです。
ビジネスホテルと言っても、出張を目的としたビジネスマンだけでなく、小さなお子様連れのファミリーやカップルなど様々なお客様が利用されます。そのため、卒業旅行を目的とした学生のみなさんにも適したホテルとなっています。
こちらのプランのホテルは候補がいくつかあり、部屋設定もホテルによって異なりますが、基本的にはお客様のご希望をお伺いすることは可能です。また、いずれのホテルも国際通り周辺に立地しているので、夜まで観光していてもホテルまでの移動時間を短縮できます。
なんといってもこのプランの最大の魅力は、”ツアー代金が安い”ということ。
「現地では食事代やお土産代など様々な費用が掛かるので、とにかく安く行きたい!」という学生の方におすすめのプランです!

>>沖縄旅行最安値!那覇ツアーはこちらから

沖縄専門アドバイザーが無料でオリジナルプランを作成します!

弊社では卒業旅行向けの商品も販売していますが、お客様のご希望に合わせてツアーをアレンジし、オリジナルプランを作ることも可能です!!
「1泊ずつ宿泊地を変えたい」
「リゾートホテルに1日だけ泊まりたい」
「最安値で泊まりたい」
「予算内でめいっぱい観光を楽しみたい」
などなど、皆様のご要望にお応えします!
現地で観光地を周ったりするだけでなく、旅行に行く前の計画の段階から友人と楽しむことができるのも卒業旅行の醍醐味のひとつですよね。
販売中のツアーはもちろん、オリジナルプランなら更に楽しい旅になること間違いなし!

ぜひ沖縄で学生生活を締め括る最高の思い出を作ってみませんか?

>>卒業旅行・学生旅行の詳細はこちら

沖縄旅行ならハックルベリーツアー!無料お問い合わせ受付中
この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

沖縄の専門家がおすすめする沖縄旅行を100%満喫するための観光ガイドの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

沖縄の専門家がおすすめする沖縄旅行を100%満喫するための観光ガイドの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 沖縄料理といえば?絶対食べたいおすすめグルメはこれ!

  • 子供も大人も楽しめる、沖縄シュノーケリング情報まとめ!おすすめエリア、ベストシーズンをご紹介

  • 【旅行記】2泊3日のレンタカーなし沖縄旅行<観光&シュノーケリング編>

  • 2泊3日から行ける沖縄の離島旅行!日数別のおすすめの離島は?

  • 京都からも好アクセス!あまり知られていない神戸空港のメリット

  • 2泊3日のレンタカーなし沖縄旅行<計画・相談・予約編>

TOPヘ戻る