1. TOP
  2. 沖縄旅行のヒント
  3. 沖縄県では豚がよく食べられている?ブランド豚「アグー豚」や「豚料理」について紹介します

沖縄県では豚がよく食べられている?ブランド豚「アグー豚」や「豚料理」について紹介します

 公開日時:2021/03/10 この記事は約 5 分で読めます。
アグー豚

沖縄では、さまざまな豚料理が食べられています。

独特な料理名も多いなので、一度耳にすると忘れられません。

近年では「アグー豚」を筆頭に、沖縄県産のブランド豚も知名度が高まり、飲食店やお取り寄せなどで気軽に味わうことができるようになりました。

そこで今回は、沖縄でよく食べられる豚肉料理やブランド豚についてご紹介します。

沖縄と豚の歴史

「鳴き声とひづめ以外は全て食べられる」と言われる豚肉は、沖縄で愛され続けている食材です。

そんな豚肉と沖縄の関係は、14世紀にさかのぼります。

そもそもは中国の使節団によって豚料理が沖縄に持ち込まれたのですが、数百人もの使節団の食料問題を解消するために養豚が始められました。17世紀には豚の餌となるサツマイモの生産が広がったことと相まって、宮廷料理として発展した料理は庶民の間で広まり、親しまれる料理となりました。

沖縄でよく食べられる豚料理

沖縄の食文化を支える豚料理は、その呼び名も個性的ですが、泡盛・黒糖・カツオ出汁などを使う沖縄ならではの味付け方法も独特です。

家庭でもよく食べられている豚料理には、どんなものがあるのでしょうか。

ラフテー

ラフテー

皮付きの三枚肉を甘辛く煮込んだ、豚の角煮に似た料理です。調味料に泡盛や黒糖を使うことで、コクとうま味のあるラフテーができます。しょうゆベースの他に、甘めの白味噌で煮込んだ味噌ラフテーも定番の家庭料理です。

テビチ

テビチ

豚足を煮込んだ料理です。余分な脂を落とすために何度も茹でこぼし、カツオや昆布、泡盛でトロトロになるまで煮込みます。見た目のインパクトはありますが、臭みもなく、コラーゲンもたっぷり。美肌にも良いため女性に人気の料理です。

ソーキ

ソーキそば

骨付きのあばら肉(スペアリブ)のことです。形が梳き(櫛)に似ていることが名前の由来といわれています。煮込み料理や、ソーキ汁、ソーキそばのトッピングとしてもおなじみですね。

ミミガー

ミミガー

豚の耳皮のことです。茹でたり蒸したり揚げたりと、いろいろな調理法で食べられます。コリコリとした触感が楽しめてコラーゲンもたっぷり。お酒のおつまみやヘルシーなおやつにもピッタリです。

乾燥させたミミガージャーキーはお土産にもおすすめですよ。

ポークランチョンミート

ポークランチョンミート

「SPAM(スパム)」や「TULIP(チューリップ)」といった銘柄でおなじみのポークランチョンミートは、缶詰で日持ちもするのでお土産にも人気。沖縄のソウルフードとも呼べる存在です。

ポークたまごやゴーヤチャンプルー、お味噌汁の具に使われることも。

沖縄を代表するブランド豚「アグー豚」ってどんな豚?

アグー豚

アグー豚は、頭数の少ない沖縄固有の在来豚です。

西洋豚と比較すると成豚でも体重110キロほどと小ぶりで、体は黒毛で覆われています。

現在流通しているアグーブランド豚は、アグー同士を掛け合わせたものや、アグーの雄と西洋豚の雌を交配したものがあります。

食肉としてのアグー豚は、くさみが少なく霜降りの柔らかい肉質が特徴で、コレステロール値も外来種と比べると1/4ほど。アミノ酸が豊富で、うま味が凝縮された良質の味わいです。

令和3年現在、アグーブランド豚の生産農場は13戸あります。

県内で飼育されているアグー豚はDNA検査と体形の情報によってアグーである証明を行い、ICチップ付きの耳標によって個体識別が行われています。このような徹底した品質管理によって、ブランドの価値が守られています。

アグー豚の美味しい食べ方

アグーしゃぶしゃぶ

アグー豚の美味しさのポイントは、とろける脂にうま味がしっかり凝縮しているところです。

火を通しすぎない調理方法が合うため、おすすめはしゃぶしゃぶ。さっと火をとおして、アグー豚の甘みや食感を味わいましょう。

お取り寄せや贈り物なら、美味しさをそのまま閉じ込めた、ソーセージやハムなどの加工品も人気です。

焼くだけでアグー豚の美味しさが楽しめるので、お手軽ですね。

通販で手軽!アグー豚を自宅で味わおう

沖縄に旅行に行けなくても、沖縄のブランド豚は通販でお取り寄せができます。

贈答品としても喜ばれ、自分やご家族へのごほうびとしてもおすすめ。いつもの食卓にブランド豚を取り入れて、ちょっと贅沢な食事を楽しんでみませんか。

南ぬ豚(ぱいぬぶた)/やえやまファーム

沖縄本島から南に約410キロ。石垣島にある「やえやまファーム」は、アグー豚指定生産農場です。

「南ぬ豚」は、純血のアグー豚(雄)と西洋豚(雌)を掛け合わせたアグー豚です。

石垣島産のパイナップルを混ぜたオリジナルの発酵飼料をエサに、広大な土地ですくすくと育てられています。

やわらかくジューシーな肉質で、とろける脂身はオレイン酸を多く含み、さっぱりとしています。

ヘルシーで、ビタミンB1や鉄分などのミネラルも豊富。夏バテ予防や疲れ対策の食材としてもおすすめ。

オンラインショップでは、しゃぶしゃぶ用の詰め合わせセットや、ハンバーグ、ハム・ソーセージなどの商品を購入することができますよ。

加工品は、お日持ちもするのでギフトに送っても喜ばれますね。

沖縄旅行に行きたいけど、今はまだ自粛しているという方も、自宅にいながらアグー豚を食べて沖縄気分を味わうのもいいですね。

\ SNSでシェアしよう! /

沖縄の専門家がおすすめする沖縄旅行を100%満喫するための観光ガイドの注目記事を受け取ろう

アグー豚

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

沖縄の専門家がおすすめする沖縄旅行を100%満喫するための観光ガイドの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

関連記事

  • 沖縄に行ったら外せない泡盛ってどんなお酒なの?人気の泡盛は?おすすめの飲み方も紹介!

  • 宮崎だけじゃない!沖縄マンゴーの魅力

  • 沖縄移住経験者が教える!冬の沖縄に最適な服装って?

  • 沖縄でワーケーション!無料Wi-Fiが使えるおすすめホテル9選

  • 沖縄の銘菓ちんすこう、買うならどこのがおすすめ?

  • メリットがいっぱい!やみつきになる一人旅のススメ

TOPヘ戻る