1. TOP
  2. 沖縄旅行のヒント
  3. 宮崎だけじゃない!沖縄マンゴーの魅力

宮崎だけじゃない!沖縄マンゴーの魅力

 公開日時:2020/08/31 この記事は約 5 分で読めます。
沖縄 マンゴー

マンゴーといえば宮崎県のイメージがあるかもしれませんが、マンゴーの生産量の全国一位は沖縄です。

沖縄以外の地域では、加温ハウス栽培が行われていますが、沖縄では亜熱帯気候を活かして、無加温のハウス栽培で育てられています。

今回は、お中元や贈答品としても人気の沖縄マンゴーについて、ご紹介します。

沖縄のマンゴーってどんな品種?

沖縄に限らず、宮崎県や鹿児島県など国内で生産されているマンゴーのほとんどが「アーウィン」と呼ばれる品種です。

外皮がリンゴのように赤く色づくことからアップルマンゴーとも呼ばれます。

国産のマンゴーは完熟した状態で収穫されるため、輸入品のマンゴーと比べると、圧倒的な甘さと瑞々しさが魅力です。

沖縄ではほかにも、アーウィン種よりかなり大きなキーツ―マンゴーや、生産量がとても少ない「夏小紅」、台湾産まれの「金密マンゴー」などの珍しい品種も育てられています。

旬はいつ?沖縄マンゴーの美味しい時期

沖縄でのマンゴーの出荷時期は、生産されている地域によって異なります。

例えば、宮古島や石垣島の離島では、5月中旬頃から出荷されますが、沖縄の南部で5月~6月頃、沖縄北部では7月頃から出荷が始まります。

沖縄本島でマンゴーを探すのなら、6月~7月頃がおすすめです。8月頃からは、キーツ―マンゴーも目にするようになります。

おすすめのマンゴーの食べ方

表面に白い粉のようなものがついている状態はまだ熟していません。

2~3日追熟することで表面が赤くなり、艶がでます。

段々甘い香りが強くなり、表面を抑えると柔らかさが感じられたら食べごろです。

マンゴーをカットする方法は、「花切り」と呼ばれる花のように広がる切り方が定番です。とても簡単なので、試してみてください。

マンゴーの切り方

沖縄 マンゴー

まず、マンゴーには、平べったい種が真ん中に入っています。

種に沿って3等分に切り分けます。種の周りの果肉は、スプーンでそぎ取って食べましょう。

種のない部分は、包丁の先を使って皮を切らないよう、1.5センチ角の格子状に切り込みをいれます。

皮を押して果肉を押し出すようにすると、果肉が花のように広がり、華やかな盛り付けが完成です。

マンゴーをお取り寄せしよう!

ご自宅用にも贈答品にもおすすめの沖縄のマンゴーは、食べごろの時期にお取り寄せできる通販が人気です。

ですが、季節限定・数量限定で販売されているので、食べたい!と思った時には完売していることも。

そこで、おすすめなのが冷凍マンゴーです。

八重山ファームの冷凍マンゴーは、石垣島産・砂糖不使用・無添加なのでお子様でも安心してお召し上がりいただけます。
一口サイズにカットされているので、とても便利!

ヨーグルトやアイス、かき氷と一緒に食べるととても幸せな気分になりますね。

1kg3,980円でマンゴー約10玉分です。

1kg 3,980円の石垣島産冷凍マンゴー

沖縄旅行のお土産で買うならどこ?

沖縄でマンゴーを買うのなら、直売所やJAファーマーズマーケットなどは、新鮮マンゴーが比較的安価で手に入るのでおすすめです。

ぜひ【道の駅】をのぞいてみましょう。車がないと不便ですが、グルメやお土産探しも楽しめるので、観光のついでに立ち寄ってみてくださいね。

道の駅 豊崎

那覇空港から車で約15分、道の駅「豊崎」は、日本最西端の道の駅です。

「JAおきなわ食菜館 菜々色畑」では、新鮮な野菜や果物、精肉や加工品など、豊見城市や沖縄県産品が集まっています。

「マンゴーの里」としても知られる豊見城市は沖縄本島で最大の生産量を誇り、こちらの道の駅では、贈答品の高級マンゴーからちょっとしたお土産用のマンゴーなど、価格帯や品質も豊富です。

5月下旬から9月頃までは購入できるので、旅行で近くを訪れた際は、覗いてみてくださいね!

道の駅「豊崎」(JAおきなわ食菜館 菜々色畑)

住所 〒901-0225 沖縄県豊見城市字豊崎3-39
営業時間 9:00-19:00
定休日 なし
TEL 098-850-8760
HP https://www.city.tomigusuku.lg.jp/tourism_culture/140/548

道の駅 いとまん

那覇空港から車で約20分、道の駅いとまんは、産地直送の新鮮野菜や果物、グルメにお土産などが豊富で、ついつい長居してしまいます。

ゆくら

「遊食来」の中にある「フルーツ屋」では、新鮮なマンゴーやしぼりたて生ジュースも楽しめます!「うまんちゅ市場」では、傷はあるけれど味は抜群のリーズナブルなマンゴーなども手に入り、自分用のお土産探しにもおすすめ。

南部ドライブの予定があれば、ぜひお立ち寄りください。

道の駅「糸満」
住所 〒901-0306 沖縄県糸満市西崎町4丁目20−4

■物産センター「遊食来」
HP http://www.yukura.jp/
営業時間 9:00-19:00
定休日 なし

■ファーマーズマーケットいとまん「うまんちゅ市場」
HP http://www.ja-okinawa.or.jp/farmersmarket/detail.php?id=474

営業時間 9:00-18:00
定休日 第4水曜・正月・旧盆

最後に

高級品!というイメージのマンゴーですが、意外と現地では安価で売られていることもあります。
完熟マンゴーはとっても甘いので、お子様もきっと気にいるはずです!

マンゴーの時期に沖縄旅行へ行った際には、ぜひお土産に購入してみてくださいね。

\ SNSでシェアしよう! /

沖縄の専門家がおすすめする沖縄旅行を100%満喫するための観光ガイドの注目記事を受け取ろう

沖縄 マンゴー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

沖縄の専門家がおすすめする沖縄旅行を100%満喫するための観光ガイドの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

関連記事

  • 沖縄に行ったら外せない泡盛ってどんなお酒なの?人気の泡盛は?おすすめの飲み方も紹介!

  • お土産にもおすすめ!南国沖縄で買いたいトロピカルフルーツ

  • 絶対外さない!沖縄の定番お土産10選

  • 沖縄の銘菓ちんすこう、買うならどこのがおすすめ?

  • 人気の泡盛はどれ?お土産で喜ばれる泡盛の銘柄

  • 初めての女性ひとり旅におすすめ!沖縄ならひとりでの旅行者が多くて安心

TOPヘ戻る