1. TOP
  2. 座間味島
  3. 期間限定!人気のホエールウォッチングをさらに楽しむお得な情報!

期間限定!人気のホエールウォッチングをさらに楽しむお得な情報!

 公開日時:2016/12/22 この記事は約 5 分で読めます。

沖縄のアクティビティといえば、夏のダイビングやスノーケルなどのマリンオプションが有名です。しかし、冬の沖縄でも…むしろ冬だからこそ楽しめるアクティビティがあります。それは、目の前で大きなクジラを見ることのできる『ホエールウォッチング』です。
ホエールウォッチングとは、簡単に言うと「船からクジラを観察すること」です。野生の大きなクジラを目の前で見るなんて日常の生活ではありえないこと。そんな非日常的な体験を、より思い出深いものにするためにクジラに関する情報やお得なツアーをご紹介します。

「ホエールウォッチング」ってなに?

ホエールウォッチング

沖縄の海に現れるのは、主に体長約11~16メートル、体重約30トン、大きな胸びれが特徴のザトウクジラ。夏は、餌の豊富なシベリア海域に生息し、冬には沖縄のあたたかい海にやってきます。遥々シベリアの海から沖縄の海までやってくるのは、繁殖や出産、子育てなどが目的です。そして、春には再び餌を求めて北の海へと帰っていきます。
そのため、沖縄の海で姿を見られるのは12月下旬~4月上旬の限られた期間となります。その限られた時間の中で、様々な姿を見せてくれるクジラたちを観察する…それがホエールウォッチングです。

ホエールウォッチングの流れ

ショップの船に乗り、船長がクジラの現れるポイントまで案内してくれます。ちなみに、沖縄と言っても冬の海の上は、とても寒いので、しっかりと防寒対策をしましょう。また、冬の海は荒れやすい上に、船の上で長時間過ごすので、事前に酔い止め薬を飲んでおくことをおすすめします。
ポイントに到着したら、いよいよホエールウォッチング開始。目に焼き付けるのもよし!カメラで写真を撮るのもよし!お好きな方法で楽しんでみてください。また、クジラは“見る”だけでなく、“探す”ことも楽しみのひとつ。大きな姿をしたクジラですが、船から見つけることは意外と難しいのです。誰よりも早く見つけるぞ!それくらいの気持ちで探してみてください。そして、クジラを見つけたときは、大きな声で「クジラがいる!」と周りの人に知らせてあげましょう。
大きな体のクジラが水しぶきを上げたり、尾ひれを高く持ち上げたりする姿は、まさに圧巻。ただ、クジラも野生の生き物です。ホエールウォッチングの最中にずっと姿を見せてくれるなんてサービス精神は、残念ながら持ち合わせていません。しかし、クジラの姿が見えないときは、ガイドの方がクジラの生態や行動について詳しく解説してくれます。生き物を観察するときは、少しでも知識がある方が楽しさもさらに倍増しますよね。

ホエールウォッチングに役立つプチ情報

ホエールウォッチングの最中には、クジラの様々な行動を目にするはずです。それらの行動には、それぞれ意味があったり、クジラを見つけるときの目印になったりもします。クジラの生態を理解した上でのホエールウォッチングなら、より一層楽しめるはず!

■ブロー

0_re

クジラの潮吹きを「ブロー」と言います。ブローとは、クジラのイラストなどでも、よく描かれている頭上に水しぶきを大きく上げる行動。これは、クジラが息継ぎをしたときに起きるものです。そして、これこそがクジラを見つける際の目印になります。息継ぎのために水面に現れ、だいたい15~40秒の間に3~4回呼吸をして再び潜ります。ちなみに、一度潜ると5~15分は潜り続けます。

■フルークアップダイブ・フルークダウンダイブ

1_re

海上で息継ぎをしたクジラが潜水するときのポーズを「フルーク」と言います。その際に、尾ひれの裏側の模様を見せるのが「フルークアップ」、模様を見せないのが「フルークダウン」と言います。

■ブリーチ

ブリーチ

クジラの動きの中でも最もダイナミックな動き。両方の胸びれを使って体を水面上から宙へと持ち上げ、回転しながら海中に落ちていきます。この行動の意味としては、体についた虫などを落とすためや単に遊んで楽しんでいるなどと言われています。観客からも最も大きな歓声があがるもので、見応えは抜群!

ホエールウォッチングに参加してみよう!

弊社では、沖縄本島の那覇のホエールウォッチングツアーを取り扱っています。クジラを観察するポイントは慶良間諸島周辺の海です。移動にそんなに時間をかけずに、観光を楽しみたいという方におすすめ。那覇市内のショップ利用で、宿泊も那覇市内。ホエールウォッチングの前後の時間だけでも、本島南部の観光地をいくつか周り、満喫できます。

1年のうちで限られた時間でしか楽しむことのできないホエールウォッチング。
やはり期間限定ともあって、沖縄の冬の人気アクティビティです。
そのため、春休み期間などは特に混み合う日程なので、事前にツアーでお申込みされるのがオススメ。
弊社のツアーの場合は、現地価格より少しお安めになっています。
冬の沖縄で何をしようか迷っている方は、是非ホエールウォッチングを楽しんでみてください!

>>!ホエールウォッチング詳細情報はこちら

沖縄旅行ならハックルベリーツアー!無料お問い合わせ受付中
この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

沖縄の専門家がおすすめする沖縄旅行を100%満喫するための観光ガイドの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

沖縄の専門家がおすすめする沖縄旅行を100%満喫するための観光ガイドの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 慶良間諸島でシュノーケルにおすすめのビーチは?

  • 世界が恋する海が見たい!慶良間諸島おすすめの島&行き方は?

  • 人気の離島!渡嘉敷島と座間味島のおすすめ民宿&観光スポット★

  • 楽しみ方は海水浴だけじゃない!慶良間諸島のおすすめビーチ3選!

  • 旅行会社が教える!格安で沖縄の離島へ旅行する方法

TOPヘ戻る