1. TOP
  2. 沖縄旅行のヒント
  3. 沖縄旅行でスーツケースって必要?宿泊日数に合わせた大きさと選び方

沖縄旅行でスーツケースって必要?宿泊日数に合わせた大きさと選び方

 公開日時:2019/12/25 この記事は約 5 分で読めます。
スーツケース

旅行の計画を立てる時に荷造りをしますが、どのサイズのバッグやスーツケースが必要なのかと悩んでしまうことはありませんか?

適切な大きさのバッグに、必要なだけの荷物を準備しないと、あっというまに荷物がかさばってしまいます。

必要なだけの荷物を持っていくことは旅行を快適にするポイントでもあるので、どんなスーツケースやバッグを準備するとよいのかをご紹介します。

機内持ち込み可能なサイズ

国内線FSC(フルサービスキャリア)の場合、
飛行機の座席数によって機内持ち込みのサイズが異なります。

沖縄旅行では、那覇と離島を結ぶ便では100席未満の便が飛んでいることも多いので注意しましょう。

LCCは規定を変更することも多々あり、
航空会社によって設定が異なるため事前にチェックしましょう。

サイズオーバーの場合、持ち込みできず受託手荷物の追加料金を支払うことになるので注意してくださいね。

100席以上

55cm×40cm×25cm以内 3辺の合計 115cm以内 重量10kg以内

100席未満

45cm×35cm×20cm以内 3辺の合計 100cm以内 重量10kg以内

LCC

ピーチ 3辺の合計=115cm以内  重量7kg以内

ジェットスター 56cm×36cm×23cm  重量7kg以内

スーツケースは必要?大きさはどれくらい?

スーツケースは、キャスターがついているので移動中に重い荷物を持たなくてよいという快適さがあります。

バッグに余裕があると、買い物をして荷物が増えたときに役立つので、バックパッカーや極端に荷物が少ないという人でなければスーツケースを利用すると良いでしょう。

スーツケースの容量は「1泊=10L」が目安です。

上手なパッキングのコツは、持ち物を厳選して、普段から使っていない余計なものを持って行かないこと。

1/3はお土産用に空けておくことを意識してみてくださいね。

1泊~2泊

短期間の旅行をよくするという方は、100席未満の機内持ち込みに対応したスーツケースを持ってくと便利です。

3辺の合計が100cm以下で、容量は25L前後です。

なるべく軽いものを選び、荷物が増えたとき用にサブバッグを準備しておくと役立ちます。

より身軽に旅行したいのなら、軽量でたくさん荷物の入るバックパックやボストンバッグ、マザーバッグなどもおすすめです。

2泊~3泊

機内持ち込みもできる、3辺の合計が115cm以内で、容量40L以下のスーツケースがベター。

デザインや種類が豊富なので、ファッションに合わせたスーツケースを選んでも楽しめます。

このサイズは最も汎用性が高いので一つ持っていると便利ですよ。

3泊~5泊

40Lから60L程度の容量があれば十分ですが、大きなスーツケースに家族全員の荷物をひとまとめにする場合などは、無料受諾手荷物のサイズに注意しましょう。

ANAの場合は3辺の合計が203cm、JALの場合は50×60×120=230cmが上限となっています。

また、荷物が増える分重量が大きくなるので、4輪キャスターもしくは一つのキャスターに車輪が二個ついたWキャスターのタイプだと移動が安定します。

移動中に音が少ない静音キャスターもあり、ストレスが少なくて快適ですよ。

エキスパンダブル機能でフレキシブルに

スーツケースにはエキスパンダブル機能が付いたものがあります。ファスナーを開けることでスーツケースに奥行きがでて容量が増量します。旅先でお土産をたくさん買っても安心ですね。

スーツケースはどのタイプが良い?

ハードタイプ

ハードタイプの一番のメリットは、ボディに耐久性や防水性があることです。

壊れやすいものや濡れると困るものを入れても安心ですね。

軽くて丈夫なポリカーボネイト製やABS樹脂で作られたスーツケースが主流になっています。

ソフトタイプと比べると重量があるため、なるべく軽量なものを選びましょう。

ソフトタイプ

ソフトタイプのメリットは、なんといっても軽さです。

片開きなので大きな荷物も収納でき、外側に小物を収納できるポケットが付いていると重宝します。

ただし布製のため強度が弱く、渡航先によってはナイフで切られないようにセキュリティ面も注意が必要。

キャリー・リュック・ショルダーの3wayで利用できるタイプもあるので、旅のスタイルや好みに合わせて選びましょう。

荷物を少なくして快適に旅をしよう

荷物

「もしかすると必要かも?」という大抵のものは、使わずに持って帰ることも少なくありません。

最低限のものを準備して、足りなければ現地調達するくらいの気持ちを持つことが大事です。

女性の場合、かさばりがちな化粧品類はサンプル品を活用するか、容器に小分けして、ジッパー付きのビニール袋にコンパクトにまとめましょう。

衣類は圧縮袋にまとめると便利。
タオルやTシャツなどは小さく丸めて緩衝材として活用できます!

パッキングが苦手な人は、持ち物リストを作成して本当に必要なものなのか吟味してみると良いでしょう。

スーツケースに余裕を持たせて、お土産をいっぱい詰めて帰りましょう!

\ SNSでシェアしよう! /

沖縄の専門家がおすすめする沖縄旅行を100%満喫するための観光ガイドの注目記事を受け取ろう

スーツケース

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

沖縄の専門家がおすすめする沖縄旅行を100%満喫するための観光ガイドの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

関連記事

  • 初めての女性ひとり旅におすすめ!沖縄ならひとりでの旅行者が多くて安心

  • 沖縄の4月ってどんな感じ?旅行代金・服装や気温をまとめました。

  • 初めての人必見!一人旅で気を付けたい6つのポイント

  • ひとり旅って寂しいの?実際に体験してみて知ったひとり旅の寂しさとやめられない魅力

  • メリットがいっぱい!やみつきになる一人旅のススメ

  • 沖縄移住経験者が教える!冬の沖縄に最適な服装って?

TOPヘ戻る