座間味島の観光スポット: ホエールウォッチング

座間味島ツアーの立ち寄りスポット

ホエールウォッチング

ホエールウォッチング

冬が旬!座間味ホエールウォッチング

座間味島の近海には毎年、冬の始まる12月頃から 春先の4月頃まで、ザトウクジラがやってきます。

約20年ほど前から、「クジラを見た」との報告が 島の漁師たちから頻繁にあがるようになりました。 その昔、捕鯨の海であったこの座間味島近海に ザトウクジラが戻ってきたのです。 それ以来、毎年ザトウクジラが座間味島近海に 戻ってきてくれるようにと「クジラを追いかけない」、 「クジラに近づきすぎない」などのルールを設け、 クジラの保全の為、座間味村ホエールウォッチング協会が 1991年に発足しました。 その努力の甲斐もあり、ザトウクジラにとって 居心地の良い場所に生まれ変わり、確認できる頭数も増えてきています。 なので、ホエールウォッチングでクジラに遭遇できる確率も 高くなってきたんですね。

ホエールウォッチングは、やみくもに船を走らせて クジラを探しているわけではありません。 実は、座間味島の北にある外地島というところに クジラ展望台と呼ばれる高台があり、 そこからクジラを探す係員が双眼鏡でクジラを探しています。 発見次第、無線で各ボートに伝達されるので クジラの遭遇率も高くなるというわけです。

座間味の島人の努力によって座間味の一大観光イベントとなった 「ホエールウォッチング」。冬場が旬です。

※営業時間や入場料など、掲載されている情報が古い場合がございます。

座間味島の観光スポット