宮古島の観光スポット:宮古島市熱帯植物園

宮古島ツアーの立ち寄りスポット

宮古島市熱帯植物園

沖縄の雄大な自然を感じる癒しのスポット

syokubutsuen.jpg

宮古空港の北にある、熱帯の樹木や草花が一面に植えられている非常にスケールの大きな植物園。 空港からもさほど遠くないので、ふらっと立ち寄ることが出来る場所です。

12万㎡の園内には、色とりどりのお花や木々といった宮古ならではの植物が植えられています。とても静かな公園なので、静寂に包まれた中、大自然の音を聞き、 南国のゆったりとした時間を満喫することが出来ます。 また、年中植物を観察することができ、野鳥や小動物の観測ポイントとしても有名な場所です。 散策路の途中に展望所と休憩所があるので、 のんびり、ゆっくり自分のペースで植物を観察することが出来ます。

大きなガジュマルの木がこの植物園の目印になっていて、 この園内にはガジュマルやヤシ、アジアの各地から集められた様々な熱帯植物が約1600種類、約4万本植えられています。 4月上旬~6月は、沖縄県の花でもあるデイゴの並木が赤い花を咲かせ、とても見事です。 ハイビスカスやブーゲンビリアは1年中見ることが出来ます。

平日は割と空いていますが、週末になると地元の方々で賑わいをみせます。 広々とした場所で好きな時間を過ごしたり、散歩したりするには最適な場所なのかもしれません。入場料がかからず、駐車場もしっかり完備されているので、 亜熱帯の植物に興味のある方におすすめの公園です。

住所:平良字東仲宗根添1166-286
アクセス:空港から車で約10分、平良港から約15分
定休日:年中無休
営業時間:8:30~18:00(季節によって変動あり)
駐車場:あり 無料
入場料:無料
※植物園内に、「体験工芸村」もあります。

更に宮古島市熱帯植物園の情報を知りたい方はこちら:宮古島市熱帯植物園公式サイト

宮古島の観光スポット